【ルレア 下克上実践】売り込めば売れるのか?

046059

物販アフィリをする際、商品は売り込んだほうがいいのか、
または、売り込まないほうがいいのか。

これはどっちがいいのでしょうか。

逆に自分がサイト訪問者だったらどっちがいいと思いますか?

 

自分がサイト訪問者になった場合、売り込みが強い記事は苛立ちが湧いてきます。

「これ今のうち買った方がいいですよ!」

「今しかないのでこのチャンスを逃すと損をします!」

こういった事が書いてある時点でそのサイトを消しますよね。

 

しかし、いざ自分が記事を書くとなると
どうしても売り込みが強い記事を書いてしまうことがあるんです。

 

客観的にみるとダメなことを、自分が行なおうとするとダメなことを
率先して行なっていることは度々あります。

ここは本当に気を付けないといけませんね。

売り込みが強いサイトは、
売れるものも売れなくなってしまう可能性が高いです。

 

稼ぎたいのに逆効果になってしまいます。

 

ですので、まずアフィリエイトってどんな仕事なのかを理解しないといけませんよね。

 

 

アフィリエイトってどんなお仕事ですか?

 

「アフィリエイトってどんな仕事なの?」

こんな事を子供に聞かれたらなんて答えますか?

そして、その仕事内容を自信を持って見せることができるでしょうか。

 

僕は自信を持って見せることができません・・・

恥ずかしながら、間違った方向性でアフィリエイトを取り組んでいたからです。

「人に売り込んでやろう!オラオラオラ!どんどん買え!!」

こんな悪魔的な感情でアフィリエイトに取り組んでいました。

 

当然こんなのでは稼げるはずもないですよね。
自分さえ稼げればなんだっていいみたいな気持ちであれば、
記事にもそんなものがにじみ出てきます。

売れるはずの商品も売れなくなるのは必然的です。

 

アフィリエイトというのは、販売者と購入者の仲介役です。

 

売りたい人と買いたい人が気持ちよく取引できるように
事をスムーズに運ばせる役割を持っています。

 

例えばダイエットサプリメントであれば、販売者は当然良いことしか言いません。

購入しそうな言葉を並べてどんどん買ってもらおうとします。

 

一方購入者は、本当に効果があるのか真実を知りたいと思っています。

買って後悔したくないですし、騙されたくありません。
お金は有効に使いたいと思っています。

だから購入する前に「口コミ」や「評判」、「効果」を検索するのです。

そこにしっかりとアフィリエイターが真実な事を書いてあげれば、
アフィリエイターは最高の仕事をしたことになります。

 

販売者側にも購入者側にも大きな価値を与えていることになりますね。

 

これがアフィリエイトのお仕事だと思います。

売ることがアフィリエイトの仕事ではなく、
売ることと買うことの道筋を整えるのが僕たちの仕事です。

 

その事にようやく最近気が付きました・・・
遅すぎた・・・

 

こういった真っ当な気持ちでアフィリエイトに取り組めば、
作業していてもなんか清々しい気持ちで作業できます。

また、売れたら本当に嬉しくなります。

「自分がやった仕事は人に価値を与えている!」

こう思えただけで本当に気持ちが良くなります^^

 

ですので、売り込みは決して悪いことではありませんが、
その根底にある相手への気持ちが大事だという事ですね。

 

今しか買えない商品があればおもいっきり売り込んでいいと思います。

その人が後々買えなくて落ち込むんだったら、
購入させることを後押しさせることも大事な作業です。

ですので、相手のことを思い、買って得をさせることができれば
おもいっきり売り込んでもいいと思います。

 

しかし、自分だけのことを考えて売り込んでいてもこれは全く価値のない仕事です。

 

そこをしっかり見極めましょう!

 

心構えとしては、

「自分の大事な人(家族、恋人、友人)に商品を紹介する」

という気持ちで取り組めば必然的に売れていきます。

是非実践してみてくださいね^^

 

 

ではでは!

 

今日の記事が参考になりましたら人気ブログランキング応援よろしくお願いいたします!


アフィリエイトに関することなど、何でもお気軽にメールください。

どんな些細な事でも大歓迎です!

お富へのメールはこちらから! 

1分で読めるアフィリエイトLINE@ニュース!

LINE@に登録してくれた方には
僕が数百万稼ぐことができた「売れる文章講座」と
「メール1通で45万稼いだ方法」をプレゼントします。

友だち追加数

1分で読めるアフィリエイトニュース!

お富出版書籍 Amazonで絶賛発売中

コメントを残す