affimanga

アンリミ忘年会で学んだこと~インフォ侍さんより~

 

アンリミテッドアフィリエイト忘年会では多くのことを学びました。

また、多くの方と知り合うこともできました。

 

参加者全員が「アンリミテッドアフィリエイト」と「小林さん」を心から愛している。

それを強く実感しました!

 

 

アンリミテッドアフィリエイト販売者であるインフォ侍さんとも実際にお会いでき、
アドバイスももらうことが出来ました。

 

今回の忘年会の前からインフォ侍さんに1つだけ聞きたいことがあったので、
直に聞くことを試みたんです。

 

その聞きたかったこととは、

「メディア運営者とは?」ということです。

 

最近の小林さんのメルマガには、
「これからはアフィリエイターとしてではなく、ブロガーとしてではなく、
メディア運営者という意識がないと生き残れない。」 

ということが語られていました。

 

小林さんの言う「メディア運営者」とはいったい何なのか。

それがどうしても知りたかったんです。

それがこれから生き残る要因であれば、知る必要があります。

 

このインフォ侍さんこと小林さんが考える「メディア運営者」とは? 

 

実際に聞いてみました。

 

お富:
「小林さん!ひとつ聞きたいことがあります!

小林さんが言う『メディア運営者』とはいったいどういうことですか!?」

 

インフォ侍さん:
「それは簡単ですよ。それは『少年ジャンプ』です。

少年ジャンプのように決められたときにしっかり発行し、
ユーザーが求めることをしっかり認識し、人に届ける。
自分が決めたことを守り行い続けることです。」

 

インフォ侍さんはこのように答えてくれました。

とてもシンプルな答えの中に、とても深い意味を持っています。

 

自分の決めたことを守り行う。

 

これがこの先、生き残るためのメディア運営者としてのマインドです。

少年ジャンプは毎週決められた日に発行します。

また、ユーザーが求める内容を提供します。

 

これが、毎週決められたときに発行しなかったり、
内容が毎週違う内容のマンガであればユーザーは離れていきます。

 

少年ジャンプは毎週決められたときに発行するから信用があり、
毎週一貫した内容だからファンが居続ける訳です。

 

これからのアフィリエイターはその点を意識しないと生き残れない。 

これをインフォ侍さんは強く語られていました。

 

これから自分たちアフィリエイターができること

 

ユーザーが求める情報を認識し、一貫して届ける。

また、自分で決めた日時に必ず配信する。

 

この事を徹底するだけで、信用を得られ長くこのビジネスを行なえるということでした。

 

 

ブランディング、信頼はこういった小さな積み重ねで生まれてきます。

実際、決められた日時にしっかり配信している人は少ないはずです。

 

インフォ侍さんは毎週木曜日に配信。

川島和正さんは毎日配信。

これを徹底しているからこそ、稼ぎ続けられていると語られていました。

 

 

僕たちアフィリエイターは、アフィリエイターという枠組みではなく、

インターネットを用いたメディア発信者としての強い意識が必要であると
アンリミ忘年会で学ばせていただきました。

 

「どうすればアフィリエイトで稼げるか。」 

 

これは実に裏技とういうものは存在しなく、
地道な積み重ねで全てが成り立っていくということにあらためて気づかされました。

 

是非これからは、インフォ侍さんが言う「メディア運営者」を意識していきましょう。

 

それを意識して行動するだけで、稼ぐことが出来るはずです!

 

インフォ侍さんに心から感謝です!

 

アフィリエイトに関することなど、何でもお気軽にメールください。

どんな些細な事でも大歓迎です!

お富へのメールはこちらから! 

漫画アフィリエイト書籍Amazonで絶賛発売中!

1分で読めるアフィリエイトLINE@ニュース!

LINE@に登録してくれた方には
僕が数百万稼ぐことができた「売れる文章講座」と
「メール1通で45万稼いだ方法」をプレゼントします。

友だち追加数

1分で読めるアフィリエイトニュース!

お富出版書籍 Amazonで絶賛発売中

コメントを残す