パソコン画面の相手を思う(下克上実践記)

 

最近足腰が弱くなってきた29歳の男、お富です。

 

グルコサミンに対して異常に興味が湧いてくる今日この頃。

 

こんな私ですがよろしくどうぞ。

 

 

 

さてさて、今日はタイトルにあるように、

パソコン画面の相手を思うということについて考えたいと思います。

 

 

その前に今日までのアドセンス成果報酬です。

 

 

9月13日現在16278円です。

 

今週中に20000円行きたいところですね。

 

最近は1日の報酬額が1600円前後といった感じですので、

行きそうな気配はしています。

 

どんどん記事を書いていっているのでさらに報酬額が上がることも期待できますね^^

 

しかし、悲しいことも。

 

 

 

奥さんにこの報酬画面見せたら、来月からおこずかい制度廃止にされました・・・

 

調子に乗って何でも見せるもんじゃないですね。

 

内密も大事です。。。

 

でも、副業アフィリエイターがおこずかいをもらうっていうのも甘えですかね。

 

自ら稼ぎ、自分の必要は自分で賄う。

 

これが大事なのかな・・・

 

おこずかいカットはちょっと痛いな・・・

 

 

 

 

まあ、それはいいとして、

今日のタイトルについてですが、

こうやってネットで情報を提供している以上、

パソコン画面の相手を思わないと稼げないということがようやく分かってきました。

 

 

パソコンで作業していると、どうしても機械相手だと思ってしまうところがあります。

 

だから、ブログで記事を書いていても適当になってしまうところがあるんですね。

 

 

特に下克上実践は、キーワード選定スキルを身に着け、

上位表示を目指して稼いでいきます。

 

アクセスをたくさん集めることだけに力を注いでしまうといった間違いを犯しやすいところもあります。

 

 

実際いい加減な記事を書いても上位表示されることはできますし、

アクセスを集め稼ぐこともできます。

 

 

しかし、それはひと時であって、価値のない記事はすぐに2ページ目、3ページ目と追いやられていきます。

 

また、価値のない情報だと訪問者もすぐにページを閉じるでしょうし、

アドセンス広告なんて踏んでくれません。

 

 

やはり稼ぎたいのであれば、どんな時でも最善を尽くすといったことが大事なんだなと感じています。

 

 

「面と向かって会話している。」

 

 

記事を書くときはこういった思いが大事ですね。

 

相手が求めている情報を一生懸命伝えると、

自然とアドセンス報酬が上がり、得るお金も増えていきました。

 

今まではやっつけで記事を書いていたので、1日100円とか200円とかでした。

 

最近記事の投稿数が減っていても1日1600円くらいはいくことができてきました。

 

 

決定的な違いといて、

パソコン画面の相手を思うということができてきたのだなと感じています。

 

まだまだ足りないのですが、

これからもっとそういった思いを持てれば、月5万や月10万、月30万もいけるはずです。

 

下克上のノウハウと強い思いがあれば、すべてはOK牧場なのかもしれませんね。

 

 

 

今日もひとつヨシ!

 

 

 

それではまた!

 

1分で読めるアフィリエイトLINE@ニュース!

LINE@に登録してくれた方には
僕が数百万稼ぐことができた「売れる文章講座」と
「メール1通で45万稼いだ方法」をプレゼントします。

友だち追加数

1分で読めるアフィリエイトニュース!

お富出版書籍 Amazonで絶賛発売中

コメントを残す