4年間放置でも稼げる特化サイトはどのように作るのか?

こんにちは。
お富です。

 
前回の記事では
4年間放置でも
月5万円〜20万円稼ぐサイトについて
ご紹介しました。

 
前回の前回の記事内容はこちらに書いています。
http://ru8.link/120/

 

実際に今月はこのような収益が上がっています。

 

【11月の報酬画像】
hbrfd

この報酬は1つの特化サイトから生じています。
しかも2年近く更新していません。

今月は26万円の報酬が発生していますが、
もちろん良い時ばかりではありません。

 

月1万円以下の時もあれば
逆に月30万を超える時もあります。

 

安定的な収益が生まれるわけではありませんが
放置しているだけでも収益が上がるので
この特化サイトの存在はとてもありがたいです。

 
こういった特化サイトを
複数持てると楽になりますね。

 

 

では放置していても稼げる
特化サイトとはどのように作るか?

 
ということですが、
まず、勘違いしないで欲しいのですが

「放置=楽している」

ということではありません。

 

 

「放置しても稼げる」と聞くと、
何もしないでもお金が生じる
自動販売機にように思う人がいますが

 

お金を稼ぐためには
何もしないということはあり得ません。

 

 
お金を受け取りたかったら
他者に価値を与えないといけませんから
「楽して稼げる」という思考は
絶対に捨ててください。

 
4年間放置でも稼ぐサイトを作るためには
努力をしますし、価値も提供します。

 

 
そして、放置してても良い理由があるのです。

 

 

今日は重要な点である
「放置してても良い理由」
についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

「なぜ放置してても稼げるのか?」

 

まず大事になるのが、
「なぜ放置してても稼げるのか?」
ということですが、

 
これは、
「年月が経っても見解が変わらないもの」
を選ぶということが重要です。

 

 
例えば僕は
「リフォーム」というジャンルで
サイトを作っています。

 
リフォームにはキッチンリフォームや
お風呂リフォームやトイレリフォームや
外壁リフォームなど様々ありますが、

 

リフォームというのは
年月が経っても見解はほぼ変わりませんし
利用者の考えも変わることはありません。

 

 

「どのようにすれば安くリフォームできるか?」
とか
「どうすれば良いリフォーム会社を選ぶことができるか?」

 

というようなことは10年、20年経っても
利用者は常に考えていますし、
新しい見解が生まれることもほぼないです。

 

 

僕も16年間塗装職人として働いてきましたが
16年間で塗装の仕方やリフォームの方法が変わったかというと
ほとんど変わっていません。

 

 

お客さんの考えることや
お客さんの層もほぼ変わりません。

 
ということはリフォームというのは
長い年月を経ても見解が変わらないジャンルなのです。

 
なので5年くらい放置してても
稼げるジャンルということが言えるのです。

 

ただし、リフォームジャンルは
かなりの激戦区です。

 
本当に詳しくないと記事が書けませんし、
ライバルはアフィリエイターだけでなく
リフォームを本業でやっている人もいます。

 
最近はリフォーム会社が
1万文字くらいのめちゃくちゃ詳しい記事を書いているので
簡単に参入できるジャンルではなくなっています。

 

リフォームジャンルは
軽い気持ちでは入れないジャンルです。

 
僕は建築塗装経験があるので
塗替えなどのことは書けますから
なんとかやっていけるジャンルです。

 
「年月が経っても見解が変わらないもの」
をわかりやすく伝えるために
リフォームというジャンルを伝えましたが
他にもたくさんあるでしょう。

 

 

「漫画」というジャンルでも
不変的な(変わらないもの)
ものはたくさんあります。

 

例えば「スラムダンクの名場面集」
というサイトを作ればそれは不変的です。

 
僕はスラムダンク世代なので
小学生の時は何回も読み返していました。

 
ポイントガードの宮城に
憧れていた時もあります。

 
こういった名作と言える漫画を扱い
名場面集を書いたり、名言を書いたりすれば
それはずっと需要のあるものになります。

 

そして、そのサイトに集まるユーザーも
スラムダンク好き、または漫画好きだとわかるので
電子書籍案件を紹介したり、メルマガ読者に
なってもらったりすることができるかもしれません。

 

スラムダンクだけじゃなく
「巨人の星」「ベルサイユのばら」みたいな
古い漫画を扱うのも面白いかもしれませんね。

 
一つの作品に絞り
名場面集、名言集みたいな特化サイトを作れば
それは不変的で価値のあるサイトになります。

 

 

 
さて、結論として
重要なことを最後に伝えたいと思います。

 

放置していても稼ぐサイトを作るには、

・価値ある情報を提供すること
・本名や自分の顔を出しても恥ずかしくない内容にすること
・嘘偽りのない情報を提供すること
・多少なりとも情熱が持てるジャンルを選ぶこと
・見解があまり変わらないもの

 

ここら辺を考えて
特化サイトを作っていくと良いでしょう。

 
すごく簡単に言えば
「真面目にサイトを作りましょう」
ということです。

 

 

例えば商品を購入して
「その商品を誰よりも詳しくレビューする」
という心構えを持てば
多少なりとも情熱が持てます。

 
仮にその商品に興味がなく、好きではなくても
「誰よりも詳しくレビューする」という心構えを持てば
「レビューする」ということに情熱が持てます。

 
お金を払って商品を購入すれば出費リスクもありますから
必ず回収してやろうという意識も出てくるでしょう。

 

 
これからは真面目にサイトを作った人だけが
生き残れると思います。

 
それでは。

 

 

1分で読めるアフィリエイトLINE@ニュース!

LINE@に登録してくれた方には
僕が数百万稼ぐことができた「売れる文章講座」と
「メール1通で45万稼いだ方法」をプレゼントします。

友だち追加数

1分で読めるアフィリエイトニュース!

お富出版書籍 Amazonで絶賛発売中

コメントを残す