破壊と創造

あなたは最近何かを
破壊しましたか?

 

「ギャー!!」
わめき散らして
何かをボッコボコに
破壊しているでしょうか?

もしそうであれば
医者に行ってください。
きっとストレスが限界なはずです。

 

今回僕がお伝えする破壊は
ストレス的破壊ではなく

「創造を目的とした破壊」
のことをお伝えしたいと思います。

 

世の中は破壊と創造が
繰り返されていると思います。

 

モノが常にあり続けることはなく
必ず破壊され新しいものが生まれます。

 

破壊というと聞こえが悪いのですが
実は破壊とても大事なことです。

 

モノを作るよりも物を壊すほうを
先に経験したほうが良いというのがあります。

 

 

例えば子供を見ていると
そう思います。

 

子供は虫を踏みつぶしたり、
おもちゃを壊したり、
花をむしったりします。

 

それは一見ひどいことのように思えますが
子供たちは破壊する過程から
その仕組みを理解するのです。

 

おもちゃを直そうとする過程で
そのおもちゃの仕組みを学びます。

 

その部品はどのような働きをして
どのように接続されているのか。

破壊を通して子供は学んでいるのです。

 

つまり僕らは常に
破壊を通して成長しているということです。

 

だから成長したかったら
破壊するしかないということです。

 

 

破壊を通して仕組みを理解するので
創造する時はさらに素晴らしいものが生まれます。

 

モノを作りたかったら
まずは破壊から始めることが大事だとは
こういった理由があるのです。

 

 

じゃあ僕らにとっての破壊とは何か?
と言うことです。

 

僕にとっての破壊は、
「人やルールに背く」
ということです。

 

例えば小さな反発としては
「Googleのルールに背く」というのがあります。

 

Googleはコピペや自作自演の被リンクを嫌います。

 

そういったことをすると
Googleは検索に表示してくれなくなります。

 

でもそこで試したくなるものです。

 

「じゃあそれを実際やってみたら
本当にそうなるのか?」と思い
僕は完全コピペサイトを作ってみました。

 

そうしたらまさにその通りで、
検索で圏外に飛ばされまくりでした。

 

圏外という言葉すら与えてもらえないくらい
Googleに嫌われました。

 

しかしこの破壊で、
別の産物も生まれたのです。

 

それはFacebookとtwitterからは
アクセスが来るということです。

 

それまではアクセスを呼び込むのは
検索上位にするしかないと思っていたのですが
実は答えは1つではなかったのだということを
このプチ反発で得ることができました。

 

この破壊によってまた
新たな創造ができるということです。

 

破壊とは自分の常識を壊す。
というのもあるのです。

 

前述したように、
子供たちは虫や花や物を壊して成長します。

 

その破壊を経験して
新しいものを創造するのです。

 

きっとあなたも子供の頃に破壊の経験があるでしょう。
そこで学びとひらめきが得られたと思います。

 

だから僕らは子供の頃を思い出して
破壊を楽しむことも大事なのではないでしょうか?

 

大人になると守るものが多くなり
保守的になってしまいますが、
それでは成長はないのかもしれません。

 

「創造を目的とした破壊」を
意識しましょう。

 

自分の常識やマインドブロックを壊すことが
自分の成長につながるかもしれません。

 

 

1分で読めるアフィリエイトLINE@ニュース!

LINE@に登録してくれた方には
僕が数百万稼ぐことができた「売れる文章講座」と
「メール1通で45万稼いだ方法」をプレゼントします。

友だち追加数

1分で読めるアフィリエイトニュース!

お富出版書籍 Amazonで絶賛発売中

コメントを残す